読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜Fマリノスに届け from島根

島根生まれ、島根育ち、島根在住のマリノスサポのブログ

能力数値

テレビ東京で放送中の
『FOOT×BRAIN』
その中で、視聴者がゲストで来た現役や元選手の能力値を付ける企画があります。(今もやってんのかな?)
スピード:85
スタミナ:78
のような感じで数値を付けて、それを実際にゲストとして来た選手と一緒に、ああでもないこうでもないと話をする企画です。

ここ10年以上していませんが、サッカーゲームが大好きだった私にとっては楽しみな企画です。
が、当の選手からするとやはり納得いかない部分もあるようで・・・。
そういえば、中澤佑二選手も数年前にこの企画で数値を付けられてましたね。

サッカー未経験者の私が言うのもなんですが、サッカーは敵味方合計22人が1つのボールを使いゴールを奪い合うスポーツです。それも、広いピッチの中でプレーします。また、屋外ですから天候の影響も受けます。
そして、最も難しい点が対戦相手がいるスポーツという点ではないでしょうか?
私もバスケ部に所属していたので、この点は理解できます。(レベルは全然違いますが。笑)
これらの要素がサッカーの難しさでもあり、面白さでもあるのかなと感じています。
だからこそ、数値化できない(あるいは数値化しづらい)能力が選手の本当の価値を決めるのかなと思っております。



ただ、こんなことを書いた後でなんですが、このように選手の能力を数値化することに対してそこまで否定できません。
なぜなら、冒頭にも書きましたが昔はサッカーゲームが大好きでした。
そして、それをきっかけにFマリノスの選手に詳しくなったからです。

1999年に浅はかな理由から横浜Fマリノスを応援することにした私ですが、選手のことをほとんど知りませんでした。
知っている選手はフランスワールドカップのメンバーと、その後の代表戦で知った三浦淳宏選手、シドニー五輪予選の中心メンバーだった中村俊輔選手ぐらいでした。
アトランタ五輪メンバーの遠藤彰弘選手と松田直樹選手も知りませんでした。

当時の我が家はテレビは地上波しか観れませんでした。地上波でマリノスの試合を観る機会はかなり限られます。試合翌日の地元紙を見ても、選手の苗字と大雑把なポジションしか書かれていません。ネット環境もありません。更に、当時中学生だった私が試合観戦に行くなんて夢のまた夢。
マリノスの情報はほとんど入りませんでした。

そこで、救いとなったのがサッカーゲームでした。
当時、ハマっていたのが
『実況Jリーグ1999 パーフェクトストライカー』
というゲームでした。
このゲームで、横浜Fマリノスの基本システムとスタメンとベンチメンバーを知り、代表以外の選手の特徴を掴みました。
ダブルボランチを組む選手のタイプの違いを知り。
FWの韓国人選手がMFとDFもできることを知り。(名前が漢字表記のため、最初は読み方も分からず、ボランチが本職なことは翌年のサッカー中継の解説で知りました)
井原選手、小村選手の両代表選手と3バックを形成するDFの能力が2人に全く引けを取らないのに気付き、なんていいDFがいるんだと驚きました。
本当にそんなレベルでした。笑

ただ、ゲームのお陰か、そこで得た知識を持って試合を観ると見方が変わってきました。
「この選手はヘディングが強い選手だったな」
「足の速い選手が交代で入ってきたぞ」
という具合にです。
ゲームを続けていれば、自然とマリノス以外の選手にも詳しくなります。
予備知識があるだけで何倍も面白く観れました。
もちろん、ゲームの数値と実際のそれとのギャップを感じることも多々ありましたが、それは自分の頭の中で随時修正していけばいいだけの話です。
幸か不幸か分かりませんが、サッカーに興味を持ち始めた頃の私はゲームから多くの情報をもらいました。
そんな経緯もあり、能力を数値化することに楽しみを覚えてしまいます。

選手には気の毒かも知れませんが。笑





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

初、初、初、初、そして初

下平匠選手、山中亮輔選手、今シーズン初出場おめでとう!!!

中島賢星選手、マリノスでの初ゴールおめでとう!!!

遠藤渓太選手、公式戦初ゴールおめでとう!!!

扇原貴宏選手、移籍後初ゴールおめでとう!!!

横浜Fマリノスルヴァンカップ初勝利おめでとう!!!

この試合に関わった全ての選手
ありがとう!!!





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

私がマリノスサポーターになった理由

私がサッカー観戦に興味を持ったのは、
1998年のフランスワールドカップで日本代表の試合を見た時でした。
私が中学生の時です。

当時の私は、サッカーに観戦に全くと言っていいほど興味がなく、オフサイドのルールもぼんやりとしか理解していませんでした。
代表メンバーも
・顔と名前が一致する
・名前は聞いたことがある
・顔も名前も知らない
が、それぞれ1/3づつの割合という状態でした。
(マリノスから選ばれた、井原正巳選手、小村徳男選手、城彰二選手、川口能活選手は顔と名前とポジションまで知っていました。)

ですが、ワールドカップでサッカー観戦の楽しさを知ってしまった私は、その後の代表戦を観るうちにJリーグにも少しづつ興味を持ち始めました。

翌年、注目するチームは絞った方がよいと思った私は、半ば強引に1つのチームを選びました。
それが
横浜Fマリノス

フリューゲルスとの合併初年度でした。

選んだ理由はというと、

・どちらかというと強そうなチームだったから
→弱いチームだと興味が出ない
→日産時代からの名門ということは知っていた

・代表選手が複数いる
→知っている選手がいないと興味が出ない
→代表選手がいる=強い

・守備が堅そう
→守備的なポジションに代表選手がいる
→小学校から続けているバスケで守備の大事さと楽しさを教えられた

・シャツが青
→代表戦を観て、青いシャツがかっこいいと思った

・横浜という街のイメージ
→都会でオシャレ

などです。

今思うと浅はかな理由ばかりですが、結果的に今日までずっと応援し続けているので、あの時横浜Fマリノスを選んで良かったと思っています。



1999年:セカンドステージの優勝争いに加わりました。

2000年:ファーストステージを優勝しました。

2001年:リーグでは最終節に残留を決めるほど苦戦しましたが、ナビスコカップは優勝しました。

2002年:ファーストステージは黄金期のジュビロ磐田と優勝を争い2位でした。

2003年:両ステージ優勝の完全優勝を成し遂げました。

2004年:ファーストステージで優勝し、3ステージ連続優勝はJ初。チャンピオンシップで浦和を破り、Jリーグ2連覇を果たしました。



以前、齋藤学選手が
「自分が子どもの頃、マリノスは強かった」
という趣旨の発言をしていた記憶があります。

その言葉を少しお借りするなら、
「私がマリノスを好きになった時、マリノスは強かった」

15年以上の前の話です。
あの頃とは、クラブもJリーグもサッカー界も大きく変わっています。
単純に比較はできません。

ただ、タイトル争いに加わるのが当たり前だった頃のような強いマリノスであってほしい。

今でも、その思いを完全に捨て切ることができずにいます。





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

呑気なブログ

恒例となっている、現地観戦後のハイライト動画視聴。
今終わりました。

現地で観てて分かりづらかったプレーや判定を見直します。
負けると分かっている試合を見直すのは少し辛いものがあります。

私ができるのは、次の試合を応援することだけです。現地に行けるわけではないので、応援と言えるものではないかもしれませんが、たとえ自己満足でもできることをやりたいと思います。

頑張れ!横浜Fマリノス



負け試合の翌日に呑気なことを言ってんじゃない!って怒られるかもしれませんが・・・。
日立柏サッカー場への初上陸が果たせたことには満足しています。
ピッチとスタンドの近さはテレビで観ていた通り、いやそれ以上に感じました。
このようなスタジアムが沢山できればいいなと素直に思いました。
完全な受け売りですが、このようなスタジアムを作りたいと思ったクラブがそれを実現できるように、近すぎて危険だという意見が出ないように、ルールとマナーを守った観戦をしなくてはいけないのだと思います。



約2ヶ月ぶりの現地観戦。
曇り空の下でのゲームで、時折、小雨がパラパラと降ってきたこともあり肌寒さを感じました。
レインコートは用意してましたが、公式のポンチョでは持っていません。
更に、開幕戦以来の出番がやって来たユニフォームです。できるだけユニフォーム姿で観戦したいと思いました。
小雨で済んだのでレインコートの出番はなく、ユニフォーム姿で観戦を終えることができました。

試合終了後から今朝まで頭痛があったので、薄着での観戦で風邪をひいたかと思ったのですが、寝不足と移動の疲れが原因のようで昼過ぎには治りました。
問題なく明日からの生活に戻れそうです。



最後に、ゴール裏で観戦されたマリノスサポーターの皆様へ。
綺麗なコレオグラフィをありがとうございます!
昨日の試合に行ってよかったと思いました。
残念ながら私の席からは見ることができませんでしたが、ビジター指定席でもされてたことを今日になって知りました。
ビジター指定席で観戦された皆様。
ありがとうございます!
もちろん、それが私にではなく選手たちに向けられたものであることは百も承知です。
ですが、私のような田舎者とって、それは一生忘れることのできない光景です。

改めて、ありがとうございます!



昨年から本腰を入れたスタジアム巡りですが、これがあるからやめられません。

次回、予定している現地観戦までは1ヶ月以上空きます。

暫くは、DAZN観戦の平常運転に戻ります。





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

スタジアム巡りに火がついた

皆様にとって、行きつけのスタジアムといえばどこになるでしょうか?

私は、新シーズンの日程が発表された時、真っ先に確認していたのが、
アウェイの神戸戦。
次がアウェイのG大阪戦でした。

2014年シーズン終了時点で、現地観戦した試合のうち約60%が上の2試合でした。
なぜ、この2つが行きつけなのかというと、
・島根から比較的近いから
・一時期、関西に住んでいたため土地勘がある
の理由からです。
特に神戸のスタジアムは、2002年日韓ワールドカップでも使用された球技専用スタジアムで、とても臨場感があります。

なので、現地観戦の優先順位は

1:神戸
2:G大阪
3:それ以外から

で組んでいました。

なぜ広島が1番ではないのか?
というと、広島も神戸も移動の負担がそこまで変わりません。
であれば、球技専用スタジアムで観たいなという気持ちが勝つからです。



2015年ファーストステージ最終節
アウェイ『対神戸戦』の観戦を終えました。
(結果は 1-1 得点者:藤本淳吾)
当初、このシーズンの現地観戦はこの試合のみと決めていたのですがまだシーズンは半分残っていることと、引き分けという消化不良感も加わって物足りなさを感じていました。

「もう1試合行きたいな!」

そう思い日程を確認すると、セカンドチョイスのG大阪とのアウェイゲームは予定があり行けません。
そこで、目に飛び込んできたのがサガン鳥栖とのアウェイゲームでした。
私は福岡市に2度遊びに行ったことがあります。
その時の経験から鳥栖までの移動は楽ではないと思いましたが、関東よりは楽かと思い遠征することにしました。

鳥栖ベストアメニティスタジアムの評判の良さは前々から知っていました。
サッカー(球技?)専用スタジアムで、客席の傾斜がキツく後ろの席でも観やすい。
最寄駅が目の前など評判通りでした。

試合は2-1の逆転勝利!
(得点者:伊藤翔 ファビオ)
試合終了後、私はこう思いました。

「人生損してるな〜。」

せっかくサッカーが好きになって横浜Fマリノスを応援しているのだから、もっといろんな角度からサッカー観戦を楽しみたいと思いました。



翌2016年シーズン。
私は、サッカー(もしくは球技)専用を中心に行ったことないスタジアムにできるだけ行こうと思いました。

結果、
仙台、鹿島、味スタ、三ツ沢、ヤマハ、豊田、吹田
の、7つのスタジアムに初めて行くことができました!
(威張れるほどの数ではありませんが。)

その決意は、2017年シーズンも継続中。
現地観戦した開幕戦は日産スタジアムに複数回行ったことがあるので対象外。

今シーズンその第1弾となるのが、
日立柏サッカー場

テレビで観ていて、いつか行ってみたいと思っていました。
私の大好きなサッカー漫画に出てくるスタジアムのモデルにもなっています。

25周年記念試合と近場の広島の試合を見送ったのもこの日のため!
明日の試合が今から楽しみで仕方ありません!

約2ヶ月ぶりの現地観戦で横浜Fマリノスを応援したいと思います!





横浜Fマリノスを応援することを考えれば、島根は不便な土地です。

だからこそなのか、観戦に訪れた先々で新しい発見があります。

それぞれのスタジアム
そこから聞こえる対戦チームの生のチャント
スタジアムグルメ
ホームタウンの街並み
空き時間での観光
宿泊先や食事
バスや電車から見える風景
移動中や宿泊先、試合開始前に読んだ本の中の世界
など・・・

30代前半の私ですが、まだまだ知らないことばかりです。

私は、このような素晴らしい経験ができる今の環境に感謝しなくてはなりません。

基本、土日祝が休みの仕事。
島根県内では交通網が発達している現住所地。
健康な身体。

そして、横浜Fマリノス

あなたがいないと始まりません。



(横浜Fマリノスのお陰で今日までたくさんの経験をすることができました。
いつもありがとうございます。)



明日の試合、

まずは感謝の気持ちから届けたいと思います。





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

続・ユニフォーム

2016年シーズン、
初めて横浜Fマリノスのユニフォームを買いました。
私にとって記念すべき第1号ユニフォームです。

そんなユニフォームですが、1つだけ心残りがありました。
ネームとナンバーが入ってないのです。
本当は入れたいネームとナンバーがあったのですが、事情があり諦めました。
だからこそ、2017年のユニフォームにはネームとナンバーを入れることにこだわりました。

しかし、新たに私の頭を悩ませる問題が発生しました。
今回の理由はコストパフォーマンスではありません。
誰のネームとナンバーを入れるのかに悩みました。

2016年は事情のため入れることができませんでしたが、入れたい選手は明確にいました。
その選手は今シーズンも横浜Fマリノスでプレーすることを選んでくれました。
今シーズンも1番入れたいのはその選手です。
なので、迷いなくその選手を選べばいいのでしょうが・・・。
そうはいきませんでした。



ユニフォームは決して安い買い物ではありません。ネームとナンバーを入れれば尚更です。
更に、私の生活環境や経済力から考えて、現地観戦ができる試合は年間5試合前後。多く見積もっても10試合以下です。
なので、2018年以降も着られるユニフォームを選びたいと思いました。
そこで、もし選んだ選手が来シーズン、それどころか今シーズンの夏に移籍してしまったら・・・。
私はそのユニフォームを着てマリノスを応援することができないと思いました。
なんだかんだ言って、今回もコストパフォーマンスを完全に切り離して考えられなかった様です。

全ての選手に言えることですが、横浜Fマリノスで引退までプレーしてくれる保証はありません。
特に、今年はそれを強く感じました。
ですが、少しでも長く着られそうなものを予想することはできると思いました。
今後、チームの中心となるであろう生え抜きの若手選手。
横浜Fマリノスを現役最後のチームとして選んでくれそうな選手。
移籍するとしても国外クラブの可能性が高い選手。
それらに当てはまる選手を選べばいいと考えました。

そういう意味では、1番入れたい選手はその可能性が低いような気がしました。
在籍年数が長いわけではなく、年齢も上から数えた方が早く、生え抜きの選手でもない。
更に、今シーズンは多くの新加入選手がおり、ポジション争いが激しくなったと思っています。
それによって、その選手の出場数が減る可能性もありますし、それを理由に移籍してしまうかもしれません。

この選手にしていいのだろうか・・・。
失礼な話ですが、正直に言ってそのように考えてしまいました。

また、全ての選手を応援しているからこそ他の選手でもいいのではないか、という前向きな理由もありました。

他にも、12番を入れることも考えました。
12番であれば、選手の移籍に関係なく着続けられると思いました。

12番を選ぶならネームもナンバーも入れない、という選択肢も浮かびました。
これなら、12番と同様に移籍に左右されることはありませんし、安上がりです。

ネームとナンバー無しなら2016年のものでいいのではないか、とも思いました。
好きなデザインですし、出費はゼロです。

私の頭の中は、

・1番入れたい選手

・他の選手

・12番

・ネーム、ナンバーなし

・買わない

・やはり、1番入れたい選手

の、無限ループ状態でした。



決断したのは、1次予約の締め切りの1時間半前でした。

結局、1番入れたい選手に決めました。

理由は、
『今、自分が1番入れたい選手だったから』
これだけです。

その選手がいつまで横浜Fマリノスでプレーして下さるか。それは全くわかりません。
もしかしたら、その選手のユニフォームを着れなくなり、無駄な買い物だったと思ってしまう日が来るかもしれません。

しかし、2017年にその選手が横浜Fマリノスにいてくれた。
そして、私はその選手を1番応援していた。

それだけで十分な気がしました。



その選手はまだ今シーズンの試合出場がありません。
それどころか、ベンチ入りすらしていません。
しかし、私はその可能性があることを承知で決めました。



その選手がユニフォームを来てピッチに立つ。

私は同じユニフォームを着てスタンドから思いを届ける。

今はその日が早く訪れることを願うばかりです。





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ユニフォーム

実は私、2016年シーズンの夏までユニフォームを持っていませんでした。
それでサポーターを名乗るな!と怒られるかもしれません。おっしゃる通りだと思います。
私のレベルはその程度です。

しかし、開き直るわけではありませんがそれでいいと思っていました。



ユニフォームが欲しかったかどうかと聞かれれば、常に欲しかったです。
毎シーズン、開幕前にユニフォームが発表される度に思いましたし、現地観戦中に選手やサポーターの皆さんのユニフォーム姿を見る度にそう思っていました。
ですが、買いませんでした。

理由はいくつかありますが、一番の理由はコストパフォーマンスでした。
いい値段がするのに着る機会が少ないということです。
大好きなクラブのユニフォームにコストパフォーマンスを求めるなんて夢のない話だと思ってます。
しかし、私の性格に問題があるのか、そこを完全に切り離して考えることはできませんでした。

今シーズンのユニフォームを例にとると、『ネーム&ナンバー2桁』の値段であれば、広島や関西のAWAYゲームのチケット代と交通費に加えて1〜3食付けられます。
ユニフォームを買うなら、そのお金で観戦に行きたいという考えでした。
また、観戦する試合の9割以上がアウェイゲームで、席もメインかバックスタンド(その中で、AWAYチームのサポーターがいてもいいエリア)。
なので、ユニフォームがなくてもさほど気にならなかったというのもあります。



そんな私の考えが変わったのは2016年シーズンでした。
このシーズン、ニッパツ三ツ沢球技場に初めて行く予定を立てました。
そこで、せっかく行くのだから1度はユニフォームを来て観戦してみようと思ったのです。



気分は最高でした!
ユニフォームだけが理由ではないかもしれませんが、それを着るだけで気分が全然違いました!
憧れの選手達と同じユニフォームを着ている。
周りを見渡せば同じ色のユニフォームを着たサポーターの皆様。
これが一体感というものなのかと思いました。

その気持ちが忘れられなくて、今シーズンもユニフォームを買いました。




私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村