読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜Fマリノスに届け from島根

島根生まれ、島根育ち、島根在住のマリノスサポのブログ

綺麗事過ぎて気持ちが悪い(笑)

綺麗事かもしれませんが、開幕戦の日産スタジアムで感謝の気持ちが自然と出てくる場面が何度かありました。

横浜Fマリノスの選手や監督、スタッフさんには今までも感謝しておりました。
ですが、今回は横浜Fマリノスのサポーターの皆様や、マリノス君マリノスケトリコロールマーメイズ、ボランティアスタッフ、ボールボーイや担架のスタッフ(正式名称がわかりませんでした)、フードやグッズショップの店員さんなど、試合に関わってくれた様々な方に対して思いました。

その日、私は多くの方のお陰でサッカーが楽しめてるのだと感じました。
30代前半でそのことに気づいたのは遅いのかもしれませんが、気付くことができて良かったと思っています。

今までは、ホームもアウェイも関係なくお金を払って観に来ているのだから、ルールとマナーを守った上で試合が観れればそれでよし。
ボールボーイの紹介時に拍手してたのも、周りの人がやってるからそういうものなのかなという程度でした。

今回は違いました。
何故なのか自分なりに考えてみました。

・選手紹介から25周年記念アンセムの流れで心を奪われたから?

マリノスサポーターの皆様が作り出すスタジアムの空気に感動したから?

・SB席のチケット確認のボランティアスタッフさんが感じの良い人だったから?

・歳のせい?

・劇的な勝利で気分がよかっただけじゃないのか?

他にも色々考えましたが、明確な答えは出ていません。
全て正解のようで、完璧な答えでもないような気がします。

いずれにしても、このまま何もしなければ今までの私に戻ってしまうような気がしました。
今後の私が感謝の気持ちを忘れることのないように、このブログに残しておきたいと思います。





試合終了後、感謝の気持ちをどうにかして表したかった私は、SB席のチケット確認の
ボランティアスタッフさんに
「ありがとうございました」
とお礼を言って帰りました。



私は、横浜Fマリノスに思いを届けるために
横浜へ行きました。

お土産として感謝の気持ちを島根に持って帰りました。







私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

今更ですが・・・

開幕戦勝利!!!



現地観戦のホームゲーム
5戦 4勝 1分!!!!



日産スタジアムだと
4戦 全勝!!!!!



うち3勝が
2017年ACL出場チーム!!!!!!



しかも、2試合連続AT決勝弾!!!!!!!



さらに、2試合連続で試合前に東ゲート広場の
屋台の横手焼きそば食べたー!!!!!!!!笑





横浜Fマリノス
いつも感動をありがとう!!!







私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

どっちにしようかな?

約2週間前。
私は二者択一の問題に頭を悩ませていました。

その問題とは、2017年シーズンの初観戦を開幕戦にするか、それとも第2節にするかでした。


本心では2試合とも観に行きたい。
しかし、今の私にはその選択肢はありませんでした。
時間的にも体力的にも金銭的にも不可能なわけではありません。
それにマリサポさんの中には、
「島根より遠方に住んでるけど、2試合とも行くよ!」
「ホームタウンに住んでるけど、遠方のAWAY戦に2週連続行くなんてよくあるよ!」
という方もおられると思います。

ただ、私にとって2週連続は贅沢過ぎました。
(特に金銭面が・・・笑)



試合日程の発表後から、どちらの試合に行こうかずっと考えていました。
その2試合とも異なる魅力があり、それと同時に一部のマイナス要素もあり、とても頭を悩ませていました。

・対戦チームの違い
・会場の違い
・開始時間の違い
・昨シーズンまで横浜Fマリノスに所属していた選手の違い
・開幕戦か否か
・テレビでの放送予定
・試合前と後の時間の使い方
・帰りの交通手段との兼ね合い
・予測不能な当日の天気

大体、これくらいでしょうか。
ゲームに直接関係あるものからないものまでありますが、これらの要素を踏まえて考え続けました。

決めたのは発売開始日の朝でした。

今は開幕戦を選んで良かったと思っています。
購入後に、25周年記念アンセムの発表もありました。
どうやら、天気も悪くなさそうです。

試合開始時間よりかなり早めに到着しそうです。
せっかくなので、開幕戦のホームスタジアムの空気を時間をかけてたっぷりと味わいたいと思います。





私にとって、今回が5回目のホームゲームの観戦となります。
そんな、田舎の自称サポが試合観戦に訪れたところで、選手の力にはなれないかもしれません。
私がいてもいなくても、そこには同じ開幕戦があるのだと思います。

ですが、できる限りの事をやりたいと思います。

選手と同じユニフォームに身を包み。
タオルマフラーを首に巻き。
青く染まるスタンドの一部となり。
届くかどうかわからない声援と拍手を送り続けたいと思います。






私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

日常 or 夢の国?

『夢の国』

この言葉を聞いて、千葉県にある某有名テーマパークを思い浮かべる方も多いと思います。
私も、過去1度だけ行ったことがあります。
それはそれは文字通り夢の国でした。

しかし、私にとって夢の国とは、
横浜Fマリノスのホームスタジアム
日産スタジアム』『ニッパツ三ツ沢球技場
なのです。


自称マリサポ歴19年目。夢の国には過去4回行ったことがあります。
いえ、4回しか行ったことがないと言った方が正しいでしょうか。
19年で4回です。

地方在住サポの言い訳かもしれませんが、横浜Fマリノスに対する思いは、ホームタウン在住サポの皆さんにも負けてはいないと思っています。
(そもそも、勝ち負けを争うものでもないのかもしれませんが。)
たとえ、ホームスタジアムに足を運ぶ回数が少なくても。
選手に声援を届ける回数が少なくても。



一方で、『ホームスタジアムに行くことが日常。』
そのようなマリサポさんが多くおられることは紛れも無い事実。
そのようなサポの皆さんが、選手とクラブの大きな力となり支えとなっていることは間違いないと思っています。
ホームスタジアムで毎試合、贈られる声援は選手に勇気を与えているでしょう。
チケット代やグッズ代など、金銭面でもクラブへの貢献度は私と比べものにならないでしょう。



少し嫉妬じみた表現になってしまったかもしれません。
しかし、日常が横浜Fマリノスとともにあるサポの皆様にはとても感謝しております。

テレビの画面を通して、マリサポさんの姿を見て私も一緒に応援している気持ちになれます。
そして、私の大好きなクラブはこれだけたくさんのサポーターにも愛されていのだと感じることができるのです。



スタジアムに行くことが日常のサポーターの皆様。
いつもありがとうございます。







2017年シーズンの開幕戦まで、あと3日。

その日、日産スタジアムでどのような夢が見られるか。
それは行ってみないとわかりません。

本家夢の国のように、良い夢が見られる保証はどこにもありません。

しかし、その日が楽しみで仕方ありません。







2017年2月25日。

私は夢の国に行きます。








私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

ユニフォーム買ってよかった!

昨晩、注文していたHOMEユニフォームが届きました。
19日から順次お届けと書いてあったので、てっきり19日に発送されるものだと思ってました。
届くのが2〜3日後だと予測したてたので、嬉しい誤算です。



事前に案内のあった通り、日清オイリオ様のマークが加工されておらず、自分で貼り付けなくてはいけませんでした。
(マークを付けたい位置にフィルムを置き、薄い布を被せ、その上からアイロンを押し当てて貼り付けるというやり方です。)

正直、最初は日清オイリオ様のマークを貼り付けるかどうか悩みました。
流石にアイロンの使い方はわかりますが、今回のような貼り付ける作業は初めてだったので。

決して難しい作業ではないはずです。
ですが、安い買い物でもありません。失敗した時のダメージは大きいです。

考えた末、貼り付けることに決めました。
横浜Fマリノスをサポートして下さるスポンサー様。それも、トップパートナー様です。
失敗する可能性はありますが、付けようと思いました。
(付けない方がいても私は一切否定しません。)



作業は慎重に行いました。
説明書きを何度も読み返します。

貼り付ける袖は本当にこっちであってるか?(←そこの確認から⁉︎)

マークの向きはあってるか?(←見りゃわかるだろ!)

そもそも、貼り付けるマークは本当にこれであってるか?(←トップパートナー様ですよ)

貼る位置は説明書き通りか?(←ミリ単位で計測)

アイロンは適温になってるか?(←ここは重要)

布を被せた勢いでマークがずれていないか何度もめくって確認(←メンタルゲキ弱!)

やっぱり、先にトイレに行っておこうか(←早くして下さい!怒)


いよいよ、アイロンを押し当てます。
ユニフォームが動かないように。被せた布が動かないように位置を確認します。

「ほっ!!」

アイロンを押し当てました。
もう、後戻りはできません。
しっかりと体重かけて押し当てます。
頭の中で秒数を数えます。
布を取り、フィルムをそっとめくります。

ほんの僅かに端浮きが出て、そこを修正するためにもう一度アイロンを当てたのですが、それが強すぎたのか長すぎたのか。
若干ですがアイロンの跡がついてしまいました。
しかし、変色も無いし、許容の範囲内です。

成功したと言っていいでしょう!



改めて、ユニフォーム全体を見渡します。
袖を通して鏡でチェックします。
カッコいいユニフォームです。


そして、今シーズン、横浜Fマリノスをサポートして下さる企業様の名前があります。


NISSAN 様 ありがとう!」

「MUGEN ESTATE 様 ありがとう!」

日清オイリオ 様 ありがとう!」

adidas 様 ありがとう!」

「みんな、スポンサーになってくれてありがとう!」



「あ〜〜〜。
ユニフォーム買って・・・、よかった!」






私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

タイ・バンコクの地で掲げられた横断幕

1月24日(火) 〜 26日(木)にタイで開催された
「日・タイ修好130周年 2017Jリーグ アジアチャレンジinタイ インターリーグカップ」

その中の1試合。1月26日の対スパンブリーFC戦。
遠藤 渓太 選手の先制ゴールシーン後、現地で応援するマリサポの皆さんの後ろで、掲げられた横断幕も一緒に映っていました。

部分的に人やフラッグの影になって見えない文字や映りきらない箇所はありました。
しかし、メッセージは確かに伝わりました。
そのメッセージが、当時のうまく言葉にできない私の気持ちを代弁してくれた様で、とても嬉しい気持ちになったのを覚えています。

このメッセージを考え、横断幕を作り、現地で掲げてくださったマリサポの皆さん
「ありがとうございます!」


話は約1ヶ月前に遡ります。
チームを支えてくれた複数の主力選手の移籍が決まり、クラブに対するネガティブな記事が多く出回りました。
選手個々に移籍理由は異なりますし、その選手を悪く思うことはありません。むしろ、感謝の気持ちでいっぱいです。

しかし、その一方で今シーズンも横浜Fマリノスのために戦ってくれる選手達がいます。
個々に様々な感情を抱えながらも残留してくれた選手。
Jや国外のクラブから移籍してきてくれた選手。
大卒の選手。
ユースから昇格を果たした選手。


改めて書きますが、移籍した選手を悪く言うつもりは一切ありません。
それを大前提とした上で、
今シーズンをマリノスのために戦ってくれる選手達と同じ様には考えられない。

悪口は絶対に言えない。
しかし、マリノスの選手が1番だ!
そんなモヤモヤした感情がありました。




あの横断幕を見てから約3週間が経ちました。

気持ちの整理はついています。


『2017 マリノスを選んでくれてありがとう』


この気持ちを少しでも届けられるよう、
今シーズンも横浜Fマリノスを応援していきたいと思います。







私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村

自己紹介

こんばんは。

いつも、マリノスサポの皆様のブログを楽しく拝見させていただいております。今では、私の日課の一つとなっております。

 

皆様のブログを読む楽しみの一つが、ブログの内容から作者がどのような方か想像することです。

性別や年代、住んでいる場所や好きな選手など、ちょっとした情報から想像を膨らませるのが楽しいです。

 

そこで、私のような(一風変わった)楽しみ方をされている方がおられると仮定して、少しでも私のブログを読んで楽しいと思ってもらえるよう、簡単に自己紹介をしてみたいと思います。

 

 

性別:男

 

年齢:30代前半

 

出身地:島根県(島根生まれ島根育ち)

 

現住所:島根県

 

サッカー経験:なし

 

自称マリサポ歴:19年目(1999年〜)

 

 

ついでですので、島根県のことも簡単に紹介してみたいと思います。

 

 

人口:約69万人(横浜市の約1/5)

 

 面積:6708㎢(横浜市の約15倍)

 

県庁所在地:松江市

 

横浜にゆかりのある主な島根県出身の有名人:

小村 徳男さん(元横浜Fマリノス、元横浜FC、元日本代表 98年W杯メンバー)

梶谷 隆幸 選手、白根 尚貴 選手(共に横浜DeNAベイスターズ

 

 

ざっとですが、簡単にまとめてみました。

こんな私にとって、横浜市横須賀市は縁もゆかりもない土地です。親戚や友人がいたわけでもありません。横浜の地に初めて足を踏み入れたのも2007年でした。

そんな私が、ほんのちょっとしたきっかけで横浜Fマリノスの大ファンになっているのですから不思議です。

そこのきっかけについても、いつかこのブログ内でまとめられたらと考えています。