横浜Fマリノスに届け from島根

島根生まれ、島根育ち、島根在住のマリノスサポのブログ

今思えば・・・

全国屈指の田舎県である島根県
約20年前にその島根県Jリーグクラブ同士の
プレシーズンマッチが行われました。

対戦カードは
横浜マリノス vs サンフレッチェ広島

この組み合わせに至った経緯はわかりませんが、
島根県出身の小村徳男選手の在籍する横浜マリノス
当時、中国地方唯一のJリーグクラブである
サンフレッチェ広島
という構図ではないかと推測しています。

当時通っていた小学校の掲示板にその試合のポスターが貼られていたのを覚えています。
ポスターには両チームの選手が数名づつ載っており、
当然、小村選手も載っていました。
そのポスターを見ながらサッカー部の友人が小村選手が島根県出身であることを教えてくれました。



私の父はサッカー経験者です。
そんな父がその試合を観に行こうと誘ってくれました。
にも関わらず、当時、サッカー観戦に興味のなかった
私はその誘いを断りました。
父は何度も誘ってくれたのですが、断り続けました。
結局、父は弟と2人で行きました。
今思えば、勿体無いことをしたと思ってます。

観戦から帰った父が、テンション高めに感想を言ってきます。

父「サンフレッチェに凄いFWがいたぞ!」

私「高木でしょ?」
サッカーにあまり興味のない私でしたが、高木琢也選手とそのポジションは知っていました。

父「違う!デカくて、坊主頭で、若いヤツだった!」

スタンドから若いかどうかわかるのか?とか、
高木選手は坊主だったっけ?とか、いろいろ思いましたが、デカくて凄い選手というのは当てはまると思いました。

私「やっぱり高木でしょ!」

父「絶対違う!」
全否定してきます。

高木選手以外に広島の凄いFWで思い浮かぶ選手がいなかったので、会話は結論が出ないまま終わりました。

時々、ふと思い出すエピソードです。



しかし、今になってそのFWに当てはまりそうな選手が思い浮かびました。

久保竜彦選手です。

久保選手の経歴を調べてみました。
1995年入団のようなので、約20年前の試合に出ていた可能性もあります。
父の言っていた特長を思い出します。
坊主→その可能性は十分あったと思います。
体がデカイ→確かにデカイです。
若い→若いです。
凄い→その後、日本代表として活躍されました。

今では、あの時父が言っていた選手は久保選手ではないかと思っています。
(確証はありません)

サッカー経験者の父です。先見の明があったのかもしれません。
いや、後に日本代表として活躍される選手です。
多くの観客にインパクトを残していても不思議ではありません。
父もその内の1人だったのではないでしょうか。



久保選手は、横浜Fマリノスのタイトル獲得に貢献して下さいました。

カシマスタジアム仙台スタジアム
(現ユアテックスタジアム仙台)でのハットトリック
万博では、「トラップするのが面倒くさいから打った」という逸話の残るジャンピングボレー。
そして、なんと言っても2003年2ndステージ最終節の
逆転優勝へ繋がるヘディングシュート。
様々なシーンが思い出されます。



私が自称サポーターになって以降、数多くの選手が
印象に残っています。

久保竜彦選手も一生忘れることのできない選手の1人です。




私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村