横浜Fマリノスに届け from島根

島根生まれ、島根育ち、島根在住のマリノスサポのブログ

挨拶

ど頭から、横浜Fマリノスから逸れた話になってしまいますが、
一昨日の『FC東京サガン鳥栖』の試合後、鳥栖の権田選手が古巣サポーターに号泣しながら挨拶(記事によっては謝罪と表現)をしました。
YouTubeでは逆にF東京の林選手が古巣サポーターに挨拶している動画がアップされていました。
それらを見て、今シーズンは古巣サポーターに挨拶に行く選手の記事や動画を多く見ている気がしました。
いや、私が多く感じているだけで、実は過去のシーズンも同じぐらいの回数が行われているのかもしれません。
ですが、上の2選手や大久保嘉人選手のような有名選手が挨拶をしていること。
そして、横浜Fマリノスの試合でも同じ光景があったということもあり、そのように感じました。

ということで、今回は
『古巣サポーターへの挨拶』について、
私の妄想を主体に書いていきたいと思います。



まず、私はサッカー経験もありませんし、プロスポーツ選手でもありません。
なので、妄想で書いているということを改めて強調させていただきます。
その上で、選手が古巣サポーターに挨拶をする理由を考えてみました。
・感謝の気持ち
・古巣サポーターのコールに応えるため
・謝罪の意
・ケジメ
・義務感
といったとこでしょうか。

逆に、しない理由も考えてみました。
・義務ではない
・古巣に良い思いがない
・意地
・現所属クラブの選手としての立場上
・今がそのタイミングではない
・特に何も考えていない
などが思い浮かびました。

また、毎試合挨拶に行く選手もいるかもしれませんし、最初の1試合だけという選手もいるでしょう。

私は、挨拶はしてもしなくても、どちらでもいいと思っています。
選手個々に事情は異なると思うのです。
サポーターが挨拶に来た選手にどのような反応をするかも同様。
拍手で迎えるかブーイング迎えるか。あるいは相手にしないなど。一人一人異なって当然だと思っています。



この記事を書いている時点で、横浜Fマリノスの試合でも、古巣サポーターに挨拶に行く選手の情報を目にしました。
リーグ第2節の三ツ沢では、河合竜二選手がマリノスサポーターに挨拶する姿を動画で見ました。
兵藤慎剛選手の情報は、探す限り見つかっていません。
開幕戦を現地観戦していた私は、その試合のハイライト映像が終わるまでバックスタンドにいましたが、その時点で榎本哲也選手は挨拶に行ってはいなかったと記憶しています。
(兵藤選手と榎本選手の件、間違ってたらすみません。)
第4節では、松原健選手が新潟サポーターに挨拶に行ったようです。
動画で見る限りブーイングを受けていました。
ブーイングをするサポーターの気持ちもわかりますし、中には好意的に迎えていたサポーターもいたかもしれません。
ルヴァンカップ第1節では、扇原貴宏選手が挨拶に行った動画を見ました。
動画を見る限り拍手とチャントで温かく迎えられていたようですが、全てのC大阪サポーターがそうしてたとも限らないでしょう。

当たり前のことですが、プロサッカー選手はとても厳しい世界で戦う職業です。
移籍を決断した選手。
Jリーグの復帰に古巣以外のクラブを選んだ選手。
その理由や思いと苦悩も様々でしょう。
凡人サラリーマンである私がどんなに推し量ったところで、実際のそれには到底及ばないと思います。

古巣のサポーターに挨拶に行く選手の気持ち・・・。

挨拶に行かない選択をした選手の気持ち・・・。

それを迎えるサポーターの気持ち・・・。

それぞれの気持ちを考えさせられたこの数日間でした。



シーズンオフ、横浜Fマリノスから移籍した選手もいれば、横浜Fマリノスを新たな活躍の場として選んでくれた選手もいます。
それぞれ立場は違えど、古巣との初対戦はこれからという選手もいます。
それが現実となった時、試合終了後のスタジアムはどのような光景になるでしょうか。

過去のシーズンよりも、少しだけ注目したいと思います。





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村