読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜Fマリノスに届け from島根

島根生まれ、島根育ち、島根在住のマリノスサポのブログ

続・ユニフォーム

2016年シーズン、
初めて横浜Fマリノスのユニフォームを買いました。
私にとって記念すべき第1号ユニフォームです。

そんなユニフォームですが、1つだけ心残りがありました。
ネームとナンバーが入ってないのです。
本当は入れたいネームとナンバーがあったのですが、事情があり諦めました。
だからこそ、2017年のユニフォームにはネームとナンバーを入れることにこだわりました。

しかし、新たに私の頭を悩ませる問題が発生しました。
今回の理由はコストパフォーマンスではありません。
誰のネームとナンバーを入れるのかに悩みました。

2016年は事情のため入れることができませんでしたが、入れたい選手は明確にいました。
その選手は今シーズンも横浜Fマリノスでプレーすることを選んでくれました。
今シーズンも1番入れたいのはその選手です。
なので、迷いなくその選手を選べばいいのでしょうが・・・。
そうはいきませんでした。



ユニフォームは決して安い買い物ではありません。ネームとナンバーを入れれば尚更です。
更に、私の生活環境や経済力から考えて、現地観戦ができる試合は年間5試合前後。多く見積もっても10試合以下です。
なので、2018年以降も着られるユニフォームを選びたいと思いました。
そこで、もし選んだ選手が来シーズン、それどころか今シーズンの夏に移籍してしまったら・・・。
私はそのユニフォームを着てマリノスを応援することができないと思いました。
なんだかんだ言って、今回もコストパフォーマンスを完全に切り離して考えられなかった様です。

全ての選手に言えることですが、横浜Fマリノスで引退までプレーしてくれる保証はありません。
特に、今年はそれを強く感じました。
ですが、少しでも長く着られそうなものを予想することはできると思いました。
今後、チームの中心となるであろう生え抜きの若手選手。
横浜Fマリノスを現役最後のチームとして選んでくれそうな選手。
移籍するとしても国外クラブの可能性が高い選手。
それらに当てはまる選手を選べばいいと考えました。

そういう意味では、1番入れたい選手はその可能性が低いような気がしました。
在籍年数が長いわけではなく、年齢も上から数えた方が早く、生え抜きの選手でもない。
更に、今シーズンは多くの新加入選手がおり、ポジション争いが激しくなったと思っています。
それによって、その選手の出場数が減る可能性もありますし、それを理由に移籍してしまうかもしれません。

この選手にしていいのだろうか・・・。
失礼な話ですが、正直に言ってそのように考えてしまいました。

また、全ての選手を応援しているからこそ他の選手でもいいのではないか、という前向きな理由もありました。

他にも、12番を入れることも考えました。
12番であれば、選手の移籍に関係なく着続けられると思いました。

12番を選ぶならネームもナンバーも入れない、という選択肢も浮かびました。
これなら、12番と同様に移籍に左右されることはありませんし、安上がりです。

ネームとナンバー無しなら2016年のものでいいのではないか、とも思いました。
好きなデザインですし、出費はゼロです。

私の頭の中は、

・1番入れたい選手

・他の選手

・12番

・ネーム、ナンバーなし

・買わない

・やはり、1番入れたい選手

の、無限ループ状態でした。



決断したのは、1次予約の締め切りの1時間半前でした。

結局、1番入れたい選手に決めました。

理由は、
『今、自分が1番入れたい選手だったから』
これだけです。

その選手がいつまで横浜Fマリノスでプレーして下さるか。それは全くわかりません。
もしかしたら、その選手のユニフォームを着れなくなり、無駄な買い物だったと思ってしまう日が来るかもしれません。

しかし、2017年にその選手が横浜Fマリノスにいてくれた。
そして、私はその選手を1番応援していた。

それだけで十分な気がしました。



その選手はまだ今シーズンの試合出場がありません。
それどころか、ベンチ入りすらしていません。
しかし、私はその可能性があることを承知で決めました。



その選手がユニフォームを来てピッチに立つ。

私は同じユニフォームを着てスタンドから思いを届ける。

今はその日が早く訪れることを願うばかりです。





私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村