読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横浜Fマリノスに届け from島根

島根生まれ、島根育ち、島根在住のマリノスサポのブログ

心臓の音が聞こえた日

2003年2ndステージ最終節。
その時点で、2ndステージ優勝の可能性を残すチームは4つありました。

(左からチーム名・勝点・得失点差)
磐田・26・+6
鹿島・24・+2
横浜・23・+9
市原・ 23・+4

横浜はホームで磐田と。
鹿島はアウェイで浦和と。
市原はアウェイで東京Vとの試合。

横浜Fマリノスの優勝のためには、
1:首位の磐田に勝ち
2:鹿島が浦和に引き分けか負け
3:市原に得失点差で並ばれない
この3つの条件が必要と認識していました。

私の頭の中では、現実的に考えて市原に得失点差で上回られることはないと思っていました。
従って、優勝は3チームに絞られたと考えていました。
Jリーグは1996年から2002年まで、年間チャンピオンは磐田と鹿島の2チームしかありませんでした。
その2チームと最終節まで優勝争いができることをとても誇らしく感じていました。
そして、マリノスは1stステージを優勝しチャンピオンシップの出場権を得ていたため、2ndステージの優勝を逃しても・・・、いう余裕の気持ちもありました。

私は、NHKで放送される横浜-磐田の試合を、当時一人暮らしをしていたアパートで観てました。



横浜国際総合競技場(現日産スタジアム)の試合が始まりました。

試合は早々に動きました。
前半2分、磐田のグラウ選手の先制ゴールでした。

そんな状況の中、マリノスは更に追い込まれることとなりました。
GKの榎本哲也選手が乱暴行為でレッドカードを受け退場になりました。
GK下川健一選手が交代で入ります。代わりにベンチに退がる佐藤由紀彦選手の表情が今でも忘れられません。

前半15分にして、1点ビハインド、退場で10人、GKに交代枠を使うという厳しすぎる状況に追い込まれました。
前半は0-1で終えました。

また、浦和-鹿島の試合は前半が終わって0-2で鹿島がリードしていました。



後半5分。マルキーニョス選手のゴールでマリノスは同点に追いつきました。
しかし、この時点でも磐田が最も優位なことには変わりありませんでした。
横浜Fマリノスは逆転ゴールを奪いに行きます。

画面では後半から雨が強くなっている様に感じました。
雨で濡れたピッチ。
1人少ない人数。
疲労の溜まったシーズン最終戦
相手は、昨シーズン両ステージ制覇を成し遂げたジュビロ磐田
できるプレーは限られていたのかもしれません。
連動した動きや華麗なパス回しはありません。
だからこそなのか、シンプルに何度もゴールに向かって攻め続ける姿、体を張って守る姿に心を打たれます。
奥選手が溜めを作りパスを供給していきます。
ダブルボランチペナルティーエリア付近まで、積極的に顔を出します。
ドゥトラ選手が何度も左サイドを駆け上がり、クロスを送ります。
2トップはそのボールに先に触ろうと体を投げ出します。
手薄になった守備も、自慢のDF陣が失点を許しません。
1人少ないのが嘘の様な試合展開でした。

そんな中、朗報が飛び込みました。
浦和が1点を返して1-2となりました。
しかし、何故かその朗報にあまり心は動きませんでした。
浦和が同点に追いつくことを期待できなかったわけではありませんでした。
私の心は画面の中で戦う横浜Fマリノスの選手たちに集中していました。

私は、心の中で横浜Fマリノスの選手たちにエールを送り続けました。
いつもなら、
「もっと上手くやれよ」
「何やってんだよ」
という言葉が出てくるプレーにもこの日は違いました。
「まだ時間はある」
「もう一回チャンスは来る」
「諦めるな」
「頑張れ」
前向きな言葉が次々と浮かんできました。



テレビ画面はロスタイム(現在の言い方だと「アディショナルタイム」)3分の表示板を映していました。
その直後、横浜Fマリノスゴールキックから松田選手がゴール前にロングボールを送り、ワンバウンドしたボールに久保選手が合わせました。
ボールは相手GKの頭上を越えてゴールネットを揺らしました。
逆転ゴールが決まりました。
この時点で勝ち点が磐田と並び、得失点差の関係で磐田を上回りました。
スコアと同様に立場も逆転しました。
磐田が中山雅史選手を投入し、ゴールを奪いにきます。
横浜Fマリノスは必死に守ります。
3分という時間がとてつもなく長く感じました。



試合終了を告げるホイッスルが鳴りました。
劣勢を跳ね返した逆転勝利を喜びました。
それと同時に、少し冷静な自分もいました。
「チャンピオンシップは鹿島とか・・・」
素人なりにですが、鹿島には磐田と違った種類の強さがあると感じていました。
2000年のチャンピオンシップでも鹿島に負けています。
2ndステージは磐田に優勝してもらってチャンピオンシップも磐田が相手の方がよかったなと考えてしまいました。

しかし、そんな冷静な感情は一瞬のうちに吹っ飛びました。

「鹿島同点に追いつかれています!」
実況がそう告げます。

心臓が音を立てて鳴り出しました。
その響きが、上半身全体に響き渡りました。
体が硬直した様に動きません。

画面は埼玉スタジアムの試合に切り替わりました。
実況が限られた時間で戦況を伝えようとしています。
ロスタイムの同点弾のようです。
画面右下には横浜国際の映像がワイプで出ていました。
選手たちが、岡田監督が斜め上空を見上げています。
恐らく、スクリーンを見ていたのでしょう。そこに、どういう映像が映っていたのかはわかりませんが、鹿島の試合に関することだと推測していました。
鹿島が引き分けに終わることを祈り続けました。

画面では鹿島の選手がピッチに倒れこみました。
実況が引き分けで試合終了したことを伝えます。
画面はすぐさま横浜国際に切り替わりました。
岡田監督がガッツポーズでピッチに走り出します。
中澤選手がスタッフに飛びつきます。
ピッチの中央で選手、監督、スタッフが喜びを爆発させています。その顔は、雨か汗か涙がわからないものでクシャクシャになっていました。
ピッチの端では榎本哲也選手が膝をついて号泣していました。直ぐそばには、慰める榎本達也選手がいました。

いつの間にか、私の心臓は音を立てるのをやめていました。
2003年のJリーグ横浜Fマリノスの両ステージ制覇による完全優勝で終えました。





テレビ中継終了後、私は予定していた買い物に出かけるため家を出ました。
しかし、玄関を出て少し考えた後、外出をやめました。
私の住む街でもいつの間にか雨が降っていました。
でも、理由はそれだけではありませんでした。
私は現実に戻ることを嫌がっていました。
逆転優勝の余韻に浸っていたい気分でした。
部屋に戻ると、いつもの5.5畳のワンルームがありました。
しかし、そこには激闘の余韻が確かに残っていました。

その日、私は録画したこの試合を何度も何度も観ました。





約14年前の出来事ですが、当時の記憶がいまだに残っています。(部分的に間違って記憶している可能性は否定できませんが。)
それぐらい、私にとって衝撃の出来事でした。
テレビ観戦にも関わらず・・・。

もし、その瞬間を現地で迎えることができたら
私はどうなってしまうのでしょうか。

それを確かめたくて、
私は横浜Fマリノスを応援し続けているのかもしれません。





PS:Jリーグの公式チャンネルにこの試合の映像がアップされています。
もしよければ、ご参考までに。



私のブログを読んでいただき
ありがとうございます。
もしよければ、バナーの
クリックをお願いします。
皆様の貴重なワンクリックが
ランキングに反映されています。
是非とも、よろしくお願いします。

にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ
にほんブログ村